ゆーまにわ

【活動レポート】2018年最後のゆーまにわの集いがありました

2018年最後のゆーまにわの集い

毎月第3土曜は「ゆーまにわの集い」!
早いもので、今年も12月ですね。
2018年最後のゆーまにわの集いは、盛沢山な内容でした。

新たな年に向けてのミーティング、
そしてキャンパス大掃除!

まずは定例ミーティング。
各プロジェクトの進捗の確認、今後のプロジェクトの進め方などを共有し、
みんなの足並みを今一度揃えました。


(ミーティングの様子。最近は見学に訪れる人も増えてきました。)

ミーティングの後は、1年間使ったキャンパスの大掃除!
今年の2月以来、
つまり、地域の人たちと当時「空き家」だったキャンパスを掃除して以来の大掃除です。

早いものであれから10か月。
当時は、ただの空き家が学生と地域の交流拠点に生まれ変わるなんて思いもしませんでした。
今後もみんなで過ごしていけるよう、心を込めて掃除しました。

 

翌日は早朝から登山、そしてお餅つき

明けて日曜日は、地域の方々と交流してきました。
まずは早朝から、キャンパスの裏にある「しめ山」に登ってきました!
12月の真庭。さすがに朝はとても寒いですね。
そんな寒さにも負けず、朝6時から登山!
普段あまり身体を動かしていないので、良い運動になりました。

 

下山後は、地域のお餅つき!
去年に引き続き参加させて頂きました。
今ではお餅つきをする家庭も少なくなりましたね。
ここ落合垂水地区も例外ではありません。
そこで4年前、地域の人々が「みんなで餅つきをしよう!」ということで始めたそうです。
それ以来、地域の交流の場となっているようです。
普段は会えない人とゆっくりしゃべれたり、餅つきの音を聞いてやってくる人がいたりと、
たくさんの人が集まってきます。
年代も様々で、まさに世代を超えた交流の場となっていました。

そのような場所に参加させて頂いて、
私たちも、地域住民の一員になれたのかな、と思いました。

去年の餅つきから早1年。
2018年もあっという間でした。

2019年も、ゆーまにわをよろしくお願い致します!!

 

では皆様、良いお年を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です