ゆーまにわ

【活動レポート】ゆーまにわ第2期突入!新体制になりました!

ゆーまにわ第2期へ

先日の『ゆーまにわ総選挙2018』を経て、ゆーまにわが2018年10月1日より第2期として新体制になりました。

第2期のゆーまにわ新代表は決選投票となった総選挙で全体の50%強の票を集めた安藤有輝に決定、代表以下4役も刷新され、2019年9月30日までのゆーまにわの2年目が始まりました。
(総選挙はほぼ五分五分の大接戦でした。最後までドキドキの展開に、少しテンションが上がりました。)

ゆーまにわ総選挙

ゆーまにわ第2期(2018年10月1日~2019年9月30日)4役

代表:安藤有輝(岡山県立大学2年)
副代表:家城翔太朗(岡山大学2年)
牧利怜(岡山大学4年)
会計:橋本隆宏(東京大学3年)

ゆーまにわのこれから

2017年10月に立ち上がり、怒涛の1年を過ごしてきたゆーまにわ。
1年目は何もかもが新しく始めることで、どちらかというと『起こす』という方向性の活動ばかりでした。

ただ、2年目からは『続ける』という新しい方向性が加わります。
続けることは大切だけど、新しいことに挑戦しなくなってしまってはゆーまにわらしくない。
本当に続ける意味はどこにあるのだろうか、ゆーまにわにとって続けるべきなのか、もういっそ切り捨ててやめてしまおうか。
そんないろいろな葛藤が出てくる1年になるでしょう。

ただこの先どんな活動を展開しようとも、何をして何をしなくなってもゆーまにわの根底にあるのはただ一つ、
『学生のやりたいことと、地域のやってほしいことを、ゆーまにわができることでつなぎワクワクを生み出す』
という創設時から変わらないこの理念です。

ゆーまにわ集合写真

現状維持は衰退。

これからもパワーアップしていくゆーまにわを、是非ともよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です